小児歯科

のぞみ歯科 直方 小児歯科

子どもの頃からのケアが大切

「乳歯はいずれ永久歯に生えかわるから」と放置しておくと、永久歯の歯列だけでなく、大事な成長期の身体の発育にまで大きく影響してきます。
乳歯の時期のおやつの与え方や歯磨きの方法に問題があると、むし歯になりやすいので、保護者の方にもお子様のむし歯予防に関心をもっていただきたいと考えています。
大切なのはむし歯の早期治療とむし歯予防です。

また、歯科医院に対して恐怖心や不安感を持つお子様に対して、安心して治療を受けられるよう、お子様の性格・お気持ちを理解したうえで痛くない治療を心がけています。

フッ素の塗布

  • 「フッ素」は歯の質を強くする自然元素のひとつです。
    歯に塗布することで、歯質を強化しむし歯に対する抵抗力を高めます。
    乳歯や生えたばかりの永久歯に非常に効果的です。
  • フッ素を塗布したからといって完全にむし歯にならないわけではありません。
    日頃の歯磨きをしっかり行うとともに、フロスの使用、シーラント処置などをお勧めします。

シーラント

奥歯のかみ合わせの部分は形が複雑で、溝も深いため汚れ(プラーク)が溜まりやすくむし歯が発生しやすい所です。
生えて間もない奥歯は、お子様の歯ブラシでは毛先が届きにくく、また歯質が弱いのでむし歯になる危険性が高くなります。
シーラントは噛み合わせの部分の溝に汚れが溜まらないようにプラスチックを流し込み埋めて、むし歯になりにくくする予防的な処置です。
シーラントには歯質を強くするフッ素も含まれています。 (保険適用)

シーラントの流れ

child_image02

  1. 歯に付着した汚れを丁寧に取り落とします。
  2. 歯の溝を酸処理します。
  3. 洗浄して酸処理を洗い流し、しっかりと乾燥させます。
  4. 歯の溝の部分にシーラント剤を流し込み、
    特殊な光を照射してシーラント剤を硬化させます。
  5. 噛み合わせを確かめて、問題なければ終了です。