予防歯科

予防歯科

大切な歯を失う前にしっかりとメンテナンスを・・・

これまでは虫歯や歯周病で痛くなったら歯科医院で治療をするのが一般的でしたが、口腔内を健康な状態を維持するかを焦点としたのが予防歯科です。
予防歯科では、口腔内のチェックや虫歯や歯周病の検査と定期清掃を行います。

どうしてむし歯になるの?

むし歯は食事・歯の質・細菌の3つの要素に時間の経過が加わってできるといわれています。
この3つの要素が重なりあう時間が短ければむし歯になる可能性が低く、
長ければむし歯ができやすくなります。

歯を守る力=歯の質
質は遺伝、環境、年齢、薬といろいろな事が原因となり、個人によって異なります。

むし歯菌の数
お口の中にはむし歯や歯周病を引き起こす、たくさんの種類の細菌が存在します。

食事の習慣
糖質の中でも砂糖を含む食べ物や飲み物がむし歯の発生に影響を与えます。

 

ご家庭・歯科医院でできるむし歯予防

お口の健康管理は日々の歯磨きが大切です。
歯科医院でのケアとしては、むし歯を作らないように進行させないように定期的にフッ素を塗布することをお勧めします。
フッ素は歯の表面自体を強化するので、乳歯や生えたばかりの永久歯に非常に効果的です
また、奥歯の溝やへこみに汚れが溜まらないようにプラスチックを流し込み埋めるシーラント処置も溝が多いお子様のむし歯予防にお勧めです。

唾液検査で何がわかるの?

むし歯の原因の組み合わせは人それぞれ違います。
毎日歯磨きをしていてもむし歯になる人とならない人がいるのはそのためです。
原因が違えば、予防法も違います。

唾液検査を受けることによりむし歯菌の数やむし歯に対する唾液の抵抗性を調べることができるので、本当のむし歯のリスクを発見し、より具体的なむし歯予防対策ができます。

検査内容について

検査は簡単・短時間! もちろん痛くありません。
イスにリラックスして腰掛けた状態で、味の付いていないガムを5分間噛んでいただくだけ!

検査でわかること

    • あなたの唾液の量はどれくらい?

唾液が多く出るほど
1.お口の中の食べ物を早く洗い流します。
2.歯の質を強くします。
3.抗菌作用が働きます。

    • あなたの唾液の中和力はどれくらい?

食後の歯が溶けやすい環境から、どれくらい早く通常の状態に戻るのかが分かります。

    • あなたのむし歯菌の数はどれくらい?

唾液からむし歯菌を検出し、どんな菌が多いのか調べます。(検査棒を舌にあてます)

検査を受けた後は?

もし、今あなたがむし歯になりやすかったとしても、これから先むし歯にならない可能性を大幅に高めることができます。できることから始めましょう。
お口の特徴がわかれば、生涯ご自分の歯を保てるようにアドバイスしていくことができます。

※正確な検査結果を測定するために、検査当日は以下のことに気をつけてください。

  • 検査前1時間は、飲食・喫煙・歯磨きをしないでください。
  • 検査前12時間以内にアルコールが含まれたマウスウォッシュ(洗口液)で口をゆすがないでください。
  • 検査前に運動をすると唾液の分泌が減りますのでなるべく避けてください。
  • お薬を飲んでいる方は検査前にスタッフにお申し出ください。