《『痛い』『怖い』は笑気麻酔で和らげる》

歯医者さんに行くの嫌だ・・・エクステンション

みなさん、一度はこう思ったことがありませんか?

歯を削る時のキーンという音や、昔の治療の記憶などが原因で、歯医者に『痛い』『怖い』という

イメージを持っている方が多くいらっしゃるかと思います。

 

そこで、当院ではいかに歯科治療における痛みを除去するかについて徹底的な対策を行っております電球

 

高度先進治療器具としてもレーザー治療、高周波治療、エアーブジョン、笑気麻酔を準備しております。

 
本日はその中から笑気麻酔についてご紹介します。

笑気麻酔とは鼻マスクをつけて、笑気ガスを吸引するだけで心地よくなり痛みを和らげる効果を発揮します。

 

子供から老人まで、不安・恐怖心を持っている方に安全で安心な方法です。

 

■笑気吸入鎮静法の効果

笑気吸入鎮静法は、笑気吸入装置で30%以下の低濃度笑気と70%以上の酸素を混合し、

専用の鼻マスクから笑気を肺に吸入させることで、血中に急速に溶け込み、

5分以内に鎮静状態に到達します。 また、血中からの排泄も非常に速く、

笑気の吸入を停止すればいつでも速やかに鎮静状態から回復します。

 

■笑気吸入鎮静法に対する実感

10~20%の笑気吸入で体が暖かくなり、手足の先がピリピリした感じがしてきます。

20~30%では口の周りの痺れや、体が軽くなってきます。

また、遠くの法で音がするような感じがしたりします。

このころになるとぼんやりした非常に心地よい楽しい気分になり、体が重く感じたり、

逆に軽く感じたりして、痛み感覚も相当鈍くなってきます。

 

 

これまで、治療の痛みに対する恐怖心のある方でも安心の医療体制を整えております。

痛みが怖い場合は『痛くないように』との一声を気軽に言ってくださいね ♪

もっと詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせください。