《フッ素その2》

前回はフッ素の大切さ、素晴らしさをお伝えしました?

今回はいつ頃・どのようにしてフッ素を使えばいいかをご紹介していきます?

?いつ頃?
フッ素ケアを始めるのに最も効果的なのは

  • 乳歯が生えてくる生後6カ月から5歳
  • 永久歯が生え揃う6歳から15歳頃です
  • もちろん成人にも効果的です(前回お伝えしたように歯の歯質を強化してくれるので虫歯になりにくい歯になります)

?どんな時?
大きく3つに分けられます

①フッ素配合歯磨き剤によるブラッシング
こちらはみなさんよく目にされている、歯磨き粉にフッ素が配合されているものを使うという方法です。歯磨き粉なので継続的に使用することを目的として作られているため、配合されているフッ素の濃度は他の手法と比べて少ないです。

②フッ素洗口
フッ素洗口剤を薄めた水でブクブクうがいをする方法です。口腔内の隅々まで薬液が浸透します。このブクブクうがいをとりいれている保育園や幼稚園もあるそうです。

③フッ素塗布
歯に直接フッ素を塗布する方法です。年に3・4回歯科医院で塗布を行います。他の方法と比べて濃度が高いフッ素を用います。歯垢除去を行った後に塗布するためより高い効果が期待できます。
※濃度が薄いジェル状のフッ素をご家庭で塗布する方法もあります。毎日歯磨きの後行うことで高い効果が期待できます。

いろんな方法がありますがどの方法が自分に一番合っているのか、疑問に思うことや詳しく聞きたいなどなんでもご相談ください(*^_^*)♬