《子供の口元》

お子様の口元が気になるお母さん方エクステンション

唇や頬の筋肉の状態や舌のくせが、将来の歯並びに大きく影響することをご存知ですか?

歯は外側からはほっぺたや唇から力を受けており、内側からは舌の力を受けています。

つまり外と内から加わる力のバランスによって、歯の並ぶ位置が決まると考えられているのです。

 

乳歯から永久歯に交換する時期は、将来の歯並びを左右する大切な時といえます。

 

もしもこの時期にほっぺたや唇に変な”くせ”がついてしまうと、

外と内の力のバランスが崩れてしまったりする可能性がありますDocomo_hart3

 

・口呼吸

テレビを見ている時や何かに集中している時の口元を観察してみます。

唇が開き、口の周りの筋肉が緩んでしまっている状態になっている時は注意が必要です。

前歯がどんどん前に突き出てしまい、いわゆる出っ歯になりやすいのです。

 

・唇をかむくせ

下唇をかむくせがあると歯並びへの悪影響は大きいと考えられます。

このような場合、舌を前方へ突き出すくせを伴うことも多いようです。

生活上の不安や、なんらかの精神的ストレスが原因である事も少なくありません。

 

口呼吸のような状態が見られたら、口をふさいできちんと鼻で呼吸ができるか確認をして下さい。

慢性鼻炎やアレルギーがあったり、または、喉の奥の扁桃が大きかったりして

鼻呼吸ができない場合もあるからです。

鼻呼吸が問題なく出来れば、口を閉じて呼吸できるように指導していくことが大切ですポイント

 

唇をかむくせは、なにげ無くやってしまう癖ならば、気づいたらやめるようにと、

子供の心を傷つけないようそっと注意してあげることが大切です。

 

口元の悪いくせは、なるべく早期に解消していくことがきれいな歯並びをつくる上で重要なのです。