《歯を白くきれいに保つ極意③》

梅雨空が続く毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか?

雨の日だからこそ、お家で本を読んだり、部屋をキレイに片付けたりするのも良いかもしれませんね。

さて、「歯を白くきれいに保つ極意」の最後の3つ目の極意をご紹介していきます!

極意③ その日の汚れはその日のうちに落とす!

当たり前のことですが、とても重要!

歯についた汚れは、時間がたてば経つほど落ちにくくなります。

そこで、毎食後きっちりと歯を磨きましょう歯ブラシ

とはいえ外食など、しっかりとした歯磨きは無理という場合は、

歯ブラシでササッと汚れを落としてほしいものですが、それさえも難しい場合もありますね。

そんな時は、綿棒を使って歯の表面につきはじめた赤ワインや紅茶のステインを、

キュッと落とす事をオススメしますポイント

この、ちょっとしたお掃除が案外色の定着を防いでくれるのです。

また、綿棒を使うメリットとしてはこすっても歯の表面を傷める事が無く、

歯に挟まったものだって引きずり出してくれること。

また、女性ですと、午後になるとよれ始めてくる目元のお化粧直しにも使えますよねひらめき

そして、もちろん、家に帰ったら、丁寧な歯磨きをちゃんと行いましょう!

歯の間の汚れは虫歯の原因になるので、フロス、歯間ブラシを使って隅の汚れまで落とすことを、

毎日の習慣にすることも大切です。

ご紹介した3つの極意に気をつければ、あなたも白くて美しい歯を保つことが出来るはずです。

大切なのは日常生活のケアにあります歯

白い歯で、今まで以上に輝く笑顔を手に入れましょう!