《上手な歯磨き方法》

 

毎日、歯磨きをしているのに虫歯になる・・・

そんな方多いのではないでしょうか?

それは、歯磨きの方法に問題があるかもしれません。

皆さんはこんな歯磨きの仕方をしていませんか?

 

①食後すぐに歯を磨く

食後は飲食物に含まれる酸で、歯の表面のエナメル質は柔らかくなっており、

すぐの歯磨きは歯の表面のエナメル質にダメージを与える可能性があります。

ダメージを受けると、黄ばんで見えたり白濁や欠け等が生じてしまいます。

 

②歯ブラシを濡らして、歯磨き粉をつける

歯ブラシを濡らしてから歯磨きをすると、歯磨き剤が素早く泡立つので

短時間時で「磨いた気」になり、汚れや細菌が落ちていないことが多くなりがちです。

泡立ちが早いと、歯磨き剤に配合されている有効成分も歯に作用する前に流れてしまいます。

 

③歯磨き粉をたっぷりつけて強くブラッシングする

力を入れてゴシゴシ磨く過剰なブラッシングは、研磨剤の作用により

歯のエナメル質を傷つけてしまうリスクが高くなります。

 

④最後に何度もしっかり口をゆすぐ

歯磨きの後に口をしっかりゆすいで洗い流してしまうと、

歯磨き剤に含まれる有効成分(フッ素等)も洗い流してしまいます。

 

 

その歯磨き、効果の薄い歯磨きかもしれません!

では、歯に良い理想の歯磨きとは?

 

♪゜・*:.。. .。.:*・♪♪゜・*:.。. .。.:*・♪♪゜・*:.。. .。.:*・♪♪゜・*:.。. .。.:*・♪

食後30分~1時間の時間をあけ、乾いた歯ブラシに歯磨き粉をつけて、

柔らかめの歯ブラシ&やさしくクリーニングする気持ちでブラッシングをし、

ひと口の水を口にふくみ、約20秒間くちゅくちゅしてぺっ

♪゜・*:.。. .。.:*・♪♪゜・*:.。. .。.:*・♪♪゜・*:.。. .。.:*・♪♪゜・*:.。. .。.:*・♪

 

今日から意識して歯を磨いてみましょう!

衛生士